高速バスや飛行機などお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

高速乗合バスとツアーバスの主な違い

「高速バス(昼行バス・夜行バス)」には制度上、①路線バス会社による「高速乗合バス」と、②旅行会社による「ツアーバス」の2種類があります。旅費ガイドで紹介している高速バス・夜行バスは①の高速乗合バスです。この高速乗合バスは鉄道の概念と同じで、基本的には決められたバス停に決められた時間に到着・出発するようになっています。また予約した利用者が一人であっても運行する責任があるのも高速乗合バスになります。

高速乗合バス ツアーバス
運行形態 高速乗合バス(路線バス)(※1) ツアーバス (募集型企画旅行)(※2)
利用者の契約の相手方 路線バス会社(※3) 旅行会社(※4)
利用者との契約の性質 運送契約 旅行契約
利用者との間で適用される約款 乗合運送約款 旅行業約款
実際に運行を行う者 路線バス会社。予約時点で確定しています。(※3) 旅行会社から運行を依頼された貸切バス会社(※5)
予約時点では確定していない場合があります。
利用方法 多くの便は事前予約が必要になります。ただし当日空席があれば乗車できる便もあります。 事前に契約が成立している必要があり、旅行代金は乗車前までに旅行会社に支払います。
乗降場所 目印となるバス停留所標識が設置されており、乗降場所も決まっています。 バス停留所標識は通常は設置されていりません。乗降場所が急遽変更される場合があります。
乗車までの手続 バス停留所やバスターミナルから直接乗車可能です。 予約時に指定された時刻までに、指定された場所で受付をしなければ乗車できません。受付場所は専用駐車場や路上となることが一般的です。
運行の確実性 予約客が一人でも運行されます。 最少催行人員が設定されている便について、最少催行人員に達しなかったときは運行されない場合があります。
事故時の対応(※6) 事故処理や損害賠償は路線バス会社が行います。 事故処理や損害賠償は貸切バス会社が行います。
なお、旅行会社は標準旅行業約款に基づき補償金・見舞金を支払います。
(死亡時1500万円/入院2~20万円/通院1~5万円)

【参考】
(※1)道路運送法に基づく一般乗合旅客自動車運送事業としての運行
(※2)旅行業法に基づく募集型企画旅行としての運行
(※3)道路運送法に基づく一般乗合旅客自動車運送事業者
(※4)旅行業法に基づく旅行業者
(※5)道路運送法に基づく一般貸切旅客自動車運送事業者
(※6)損害賠償債務が発生する場合

 
 

スポンサー

投稿日:

Copyright© オールライド! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.