飛行機や高速バスなどお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

ニュース

近鉄 名阪特急を「ひのとり」「アーバンライナー」で統一 2021年2月13日〜

投稿日:

ひのとり
近鉄では、2020年3月14日(土)に大阪難波~近鉄名古屋間で新型名阪特急「ひのとり」の運転を開始しましたが、2月13日(土)より大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発ほか、土・休日の停車駅の少ない名阪特急をすべて「ひのとり」で運転すると発表しました。「ひのとり」は、日本初となる全席バックシェルを採用し、プレミアム車両は全席3列シートで座席間隔を日本最大級にするなど「くつろぎのアップグレード」をコンセプトにワンランク上の快適さを提供しており、コロナ禍においても2020年度上半期のプレミアム車両乗車率が約7割と好調です。また、主要駅に停車する大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時30分発などの名阪特急は、すべて「アーバンライナー」で運転します。

1.「ひのとり」で運転する名阪特急

2月13日(土)以降、「ひのとり」で運転する列車は以下のとおり

(1)平日
大阪難波駅・近鉄名古屋駅 毎時0分発の名阪特急(15往復)
うち新たに「ひのとり」で運転する列車…1往復
(大阪難波 18時発、近鉄名古屋 14時発)

(2)土・休日
大阪難波駅・近鉄名古屋駅 毎時0分発ほか、停車駅の少ない名阪特急(19往復)うち新たに「ひのとり」で運転する列車…4往復

大阪難 波 6時・12時・17時20分・18時20分発
近鉄名古屋 9時・15時・16時・21時発

2.「アーバンライナー」で運転する名阪特急

1日17往復運転している大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時30分発などの主要駅に停車する名阪特急は、2月13日(土)以降、すべて「アーバンライナー」で運転します。
(現在、平日16往復、土・休日14往復で運転しています。)
※詳細な運行ダイヤは別紙参照

3.その他

(1)「ひのとり」にご乗車の際は運賃・特別急行料金に加え、特別車両料金が必要です。

大阪難波~近鉄名古屋間 大人利用の場合
運賃 2,410 円、特急料金 1,930 円に加え 「ひのとり」レギュラー車両は200円・ 「ひのとり」プレミアム車両は900円
また、特急列車の前売り発売は、1カ月前の同日10時30分から開始です。

(2)「インターネット予約・発売サービス」、主要駅に設置している「定期券・特急券自動発売機」(黄色の券売機)では、ご希望の号車・座席をシートマップで確認しながら選択できますので、ぜひご利用ください。

詳しい情報は近鉄のページをご確認ください。

ひのとりは以下の記事をご参照ください。

https://ryohi.guide/allride/idou/nagoya-osaka/#%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E7%B7%9A%EF%BC%88%E7%A7%81%E9%89%84%EF%BC%89%E3%81%A7%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95

※本記事の内容は時点のものです。

-ニュース
-,

Copyright© オールライド! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.