飛行機や高速バスなどお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

ニュース

日本一長い貨客混載 宮崎県から東京・新宿へ

投稿日:

宮崎交通

出典:宮崎交通。バス車両はイメージです

宮崎交通・西日本鉄道の高速バスが宮崎県から東京の新宿に日本一長い貨客混載をスタートしました。西日本鉄道は宮崎県産のミカンやレモンやイチゴなど農産品を高速バスのトランクルームに載せて、東京まで運ぶ「貨客混載」サービスを始めました。出荷日の翌朝に届けることができるので従来のトラック輸送より1日早く到着します。新型コロナウイルスの影響で高速バスの利用が落ち込むなか、収益を下支えするためのアイディアとしてスタートしました。

宮崎市から福岡市・天神までは宮崎交通が運行する高速バス「フェニックス号」で運びます。その後、天神のバスターミナルで東京・新宿に向かう西鉄の「はかた号」に載せ替え、ミカンやイチゴなど10品目を輸送します。新宿にある商業施設「新宿サザンテラス」内のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」で販売しています。冷蔵対応の専用ボックスも用意しているので鮮度の心配もいりません。2020年12月15日から2021年2月7日までの間の17日間、1日1便の実施予定です。

また、高速バスを用いた貨客混載輸送は通常の輸送方法と比べて早くて安価で、今年9月に宮崎-福岡間で行った第1弾の取り組みでは、生産者と消費者の期待の大きさや、輸送・販売オペレーションを確認できたそうです。先日は鹿児島の特産品を九州新幹線を利用して福岡の博多で販売するニュースがありましたが、貨客混載は少しずつですが広がっていくかもしれません。

※本記事の内容は時点のものです。

-ニュース
-, , ,

Copyright© オールライド! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.