飛行機や高速バスなどお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

二地点移動

東京から佐賀まで最安値・最速で行く交通手段は?時間や料金などのメリット・デメリットを徹底比較

投稿日:  更新日:

東京から佐賀

東京から佐賀までは直線距離でおおよそ904キロです。佐賀市は佐賀県の南東部に位置しています。2020年はコロナの影響で中止になったのですが佐賀では熱気球(バルーン)の国際大会が開かれるほど有名です。佐賀は九州地方の県ですので、都内から移動すると言えば「何時のフライトですか?」という会話が自然でしょう。もちろん飛行機が嫌いな人は新幹線で移動するとは思いますが、大多数は飛行機で移動します。また高速バスを乗り継いでいけば当然、佐賀には着きますが、これもお盆や年末年始などで飛行機や新幹線の席がすべて予約済みのときの最後の手段な気がします。九州は高速バスの路線が網の目のように発達しているので博多からですと高速バス移動は当たり前のように考えられますが、東京からずっと高速バスは厳しいですね。このページでは「飛行機+空港連絡バス」と「新幹線+在来線」の2つのルートについて解説いたします。

移動手段 乗車・搭乗・移動時間 料金
飛行機+空港連絡バス 2時間50分〜3時間 10,890円(スーパーバリュー利用)
新幹線+在来線 6時間10分〜 23,530円(自由席利用)

飛行機+在来線を利用しての移動

佐賀空港の愛称は「九州佐賀国際空港」と言います。定期便の運行をしている航空会社はANAとLCCの春秋航空です。羽田発はANAで、LCCの春秋航空は成田空港発です。羽田空港から佐賀空港までの飛行時間は2時間5分です。佐賀空港からJR佐賀駅に向かう空港連絡バスですが、航空機の到着15分後に出発します。佐賀駅まではおよそ35分です。料金は600円です。バスの支払いにはSuicaやPASAMOなどの交通系ICカードが使えます。地方に行くと交通系ICカードが使えないこともありますが、佐賀市営バスは優秀ですね!
佐賀空港から福岡県の西鉄天神高速バスターミナルに向かうバス便もあります。佐賀空港から約2時間で福岡の中心地に行くことができます。

羽田空港から佐賀空港への定期便スケジュール

航空会社 運航状況 便名 羽田発 佐賀着 飛行時間
ANA 毎日 451 7時15分 9時20分 2時05分
ANA ※1 981 9時25分 11時30分 2時05分
ANA 毎日 453 13時20分 15時25分 2時05分
ANA ※2 455 16時05分 18時10分 2時05分
ANA 毎日 457 19時30分 21時35分 2時05分

※1 2020年12月10日、12月25日~2021年1月5日は運航予定
※2 2020年12月4日~6日、2020年12月11日~13日、2020年12月18日~20日、2020年12月25日~2021年1月5日は運航予定

成田空港から佐賀空港への定期便スケジュール(2020年12月26日~2021年3月27日)

航空会社 便名 佐賀発 成田着 飛行時間 運航日
SPRING JAPAN 702 15時40分 17時15分 1時35分 金・土・日

2020年12月28日~12月31日、2021年1月4日、1月11日、2月11日、2月22日、2月23日も運航予定

*LCCの場合、日によって運行する・しないがあります。必ず春秋航空航空佐賀国際空港のページで確認をお願いいたします。

東京駅・銀座駅エリア → 空港リムジンバス → 成田空港 (1,000円) 70分の移動時間
成田空港 → 春秋航空航空 → 佐賀国際空港 (5,590円) 2時間30分の移動時間
佐賀国際空港 → JR佐賀駅 (600円) 35分の移動時間

羽田空港発のルートでは自宅・会社から羽田空港までの料金や時間を考慮にいれていないので、上記の「東京駅・銀座駅エリア→成田空港へのリムジンバス」を比較対象に入れてしまうと同じ条件ではなくなってしまうのですが、上記を合計すると料金は7,190円になります。移動時間は4時間10分前後です。LCCは便の変更などが柔軟ではないイメージがありますが、何度も東京ー佐賀間を往復する人は選択肢の1つとして考えてもいいでしょう。

現在、日本全国の航空便はコロナなどの拡大を防ぐために欠航していることがあります。予約時や搭乗日が近づいてきましたら、かならず航空会社や空港のページで自分が乗る予定の便が運行されているか確認してください。

佐賀空港(九州佐賀国際空港)
佐賀県佐賀市城内1丁目1-59
https://www.pref.saga.lg.jp/airport/default.html

メリット

  • ANAであっても早割予約をすれば安く抑えられる
  • 搭乗時間や移動時間がダントツに短い
  • LCC路線を選択肢の1つとして使える

  • デメリット

    • 天候によっては欠航になることもある
    • 搭乗前の荷物検査が少し面倒

    新幹線+在来線を利用しての移動

    東京駅から東海道山陽新幹線の「のぞみ」に乗って終着駅の博多に向かいます。博多駅で「JR特急みどり号」に乗り換えて佐賀駅に到着です。移動時間は東京駅から佐賀駅まで6時間10分前後です。6時間10分の内訳としては、東海道新幹線のぞみが約4時間57分かかり、JR特急みどり号が45分かかります。乗車時間自体は5時間42分です。自由席料金は23,530円(乗車券14,550円、特別料金8,980円)です。

    メリット

※本記事の内容は時点のものです。

-二地点移動
-, , , ,

Copyright© オールライド! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.