飛行機や高速バスなどお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

二地点移動

東京から大阪まで最安値・最速で行く交通手段は?時間や料金などのメリット・デメリットを徹底比較

投稿日:  更新日:

東京から大阪まで行く手段は?

日本を代表する2大都市の東京と大阪を移動する人はたくさんいます。ビジネスでの出張や友達との再会、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオ(USJ)でのレジャーなど毎日多く人数が移動します。東京と大阪は直線距離で約400キロ離れています。江戸時代なら50日以上かけて移動した距離を今では数時間で移動できます。東京から大阪までの移動には「カーシェア」「在来線」などもありますがこのページでは代表的な「高速バス」「飛行機」「新幹線」の3つの交通手段のメリット・デメリットについてまとめてみました。

東京から大阪

移動手段 乗車・搭乗時間 料金
高速バス・夜行バス 8〜10時間 約1,500円〜
飛行機 1時間30分 約5,000〜20,000円
新幹線 2時間30分(のぞみ利用) 14,920円(指定席)

反対区間(大阪→東京)はコチラのページ

高速バス・夜行バスでの移動

一番安く東京から大阪に移動したい場合は高速バス・夜行バスがオススメです。価格に対しては高速バス・夜行バスが一番メリットがあります。逆に高速バス・夜行バスのデメリットはとにかく時間がかかることです。夜行バスであれば寝ながら現地に着くことができるので精神的・肉体的な疲れは少ないのですが、寝られなかった場合は到着までの時間が永遠に続くと勘違いしてしまう人もいます。また最近は3列シートや個室のようなよく眠ることができる高速バス・夜行バスも出てきていますが、そういった高速バスは飛行機や新幹線とあまり値段が変わらないことが多いので値段のメリットは薄くなります。

都内のよく利用される高速バスの発車場所

 

メリット

  • 一番安く移動できる
  • 朝早く現地に着くことができる
  • 2列シート、3列独立シートなど選択できるシートの種類が多い
  • 女性専用車・女性安心シートなど女性にとってのメリットがある
  • 乗降できるバス停が複数あることが多い。(例えば神奈川県の人は神奈川県のバス停で乗車できる)

デメリット

  • 移動時間が長い
  • シートによっては隣との距離が近い

一度は乗ってみたい関東バス・両備バスが共同運行する「ドリームスリーパー」。車内には11個の個室があり、周りの目を気にせずに移動できます。
乗りものニュースの記事はこちら〈PR〉完全個室の夜行高速バス「ドリームスリーパー」、乗ったら普通と全然違った! これなら女性も楽だ

ドリームスリーパー

出典:乗りものニュース

ドリームスリーパー個室

出典:関東バス

ドリームスリーパー車内図

出典:関東バス

ドリームスリーパーの予約はここをクリック。平日なら13,000円で贅沢な移動ができます!(2020年10月現在の価格)

今月の東京から大阪への高速バス・夜行バスの最安値はこちら

今月の東京から大阪へのゆったり3列以上の高速バス・夜行バスはこちら

東京→大阪間を運行している高速バス会社

飛行機での移動

飛行機のメリットは実際にシートに座っている時間が一番短いことです。JALやANAの搭乗時間は65分や70分という便もあります。ビジネスクラスでなければ隣のシートとの距離は近いのですが、実際に機内に座っている時間が短いので移動のストレスは少ないかもしれません。羽田空港には「第1旅客ターミナル」、「第2旅客ターミナル」、「第3旅客ターミナル」と3つのターミナルがあります。各ターミナルの区別は以下の通りです。

各ターミナルの違い

新名称 路線 航空会社
第1旅客ターミナル 国内線 JALグループ
SKY(スカイマーク)
SFJ(スターフライヤー/福岡・北九州行き)
第2旅客ターミナル 国内線 ANA
ADO(エア・ドゥ)
SNA(ソラシド・エア)
SFJ(スターフライヤー/山口宇部・関西空港行き)
国際線 ANA(※路線によりターミナルは異なります。)
第3旅客ターミナル 国際線 ANA(※路線によりターミナルは異なります。)
その他の航空会社

もし利用するターミナルを間違えた場合は各旅客ターミナル間を往復する無料のバスが4分間隔で出ています。焦らず正しいターミナルへ向かいましょう。

東京都内から羽田空港までのアクセス

都内から羽田空港までの公共交通機関としては、「東京モノレール」、「京急電鉄」、「空港リムジンバス」の3つがあります。自分が都内のどこの周辺にいるのかによって利用する交通手段は変わります。

東京モノレールと京急電鉄

乗車 下車 価格 所要時間
東京モノレール 浜松町 第2旅客ターミナル 492円 17分
京急電鉄 品川 第2旅客ターミナル 292円 14分

 

空港リムジンバス(都内発)

TCAT(東京シティエアターミナル) 東京シティエアターミナル
羽田空港
新宿
東京駅・日本橋
銀座・汐留
日比谷
虎ノ門 アンダーズ 東京
目白・九段・後楽園・秋葉原
竹芝・お台場・有明
豊洲・浅草・錦糸町・東陽町
恵比寿・品川
六本木
赤坂
渋谷・二子玉川
池袋
練馬・野方・中野
亀有・小岩・一之江・葛西
石神井公園・和光市 石神井公園駅北口
 

メリット

  • 搭乗時間が一番短い
  • LCCを使えば新幹線より安く移動できる
  • JAL、ANAでも早割購入をすれば費用を抑えられる

デメリット

  • 飛行場に行くまでの時間がかかる
  • 手荷物検査など搭乗前に必要な時間がある
  • 出発地と到着地の二地点間の移動がメイン(当たり前だが途中下乗ができない)
  • LCCの場合、出発空港が羽田空港ではなく成田空港になる

羽田・成田から伊丹・関空へお得にいくには:LCCやJAL・ANAの格安航空券の予約できるエアトリが便利です。ここをクリック。

新幹線(のぞみ)での移動

東京駅・新大阪駅など東京都内や大阪市内の中心部に出発・到着駅があるので、乗車前や乗車後の時間が有効活用できます。新幹線には「のぞみ」以外に「ひかり」や「こだま」もあります。東京と新大阪を結んでいるのが「東海道新幹線」ですが、新大阪より西に位置する駅を結んでいるのが山陽新幹線です。東京から博多まで乗り換えがなく一体化運営されています(東海道・山陽新幹線)。

のぞみ・ひかり・こだまのそれぞれの停車駅

駅名 のぞみ ひかり こだま
東京
品川
新横浜
小田原 |
熱海 |
三島 |
新富士 | |
静岡 |
掛川 | |
浜松 |
豊橋 |
三河安城 | |
名古屋
岐阜羽島 |
米原 |
京都
新大阪

○全列車が停車
△一部列車が停車
▲ごく一部の列車が停車(ほとんど通過)
|全列車が通過

のぞみ・ひかり・こだまの移動時間差

順位 新幹線 新大阪〜東京
第1位 のぞみ 約2時間30分
第2位 ひかり 約3時間
第3位 こだま 約4時間

のぞみに比べて、こだまの4時間は長いですね。何度も駅で後ろからくる「のぞみ」に抜かされます。4時間は凄く長いですが、「こだま」には「ぷらっとこだま」などの格安チケットがあります。運賃と特急料金を含めて10,700円で乗車できます。また贅沢なグリーン車チケットも12,200円で購入できます。詳しくはコチラをクリック

のぞみ・ひかり・こだまの料金差

新幹線に乗るには乗車券と特急券が必要です。
○新幹線の自由席チケット=乗車券+自由席特急券
○新幹線の指定席チケット=乗車券+指定席特急券

以下は「通常期」の料金表です。
「繁忙期」は200円増、「閑散期」は200円引の価格になります。

料金 のぞみ ひかり こだま
運賃 8,750円 8,750円 8,750円
自由席 4,870円 4,870円 4,870円
自由席料金合計 13,620円 13,620円 13,620円
指定席 5,700円 5,390円 5,390円
指定席料金合計 14,450円 14,140円 14,140円

メリット

※本記事の内容は時点のものです。

-二地点移動
-, ,

Copyright© オールライド! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.