飛行機や高速バスなどお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

二地点移動

東京から金沢(石川県)まで最安値・最速で行く交通手段は?時間や料金などのメリット・デメリットを徹底比較

投稿日:  更新日:

東京から金沢(石川県)まで行く手段は?

北陸地方の都市である石川県金沢市と東京を移動する手段は複数あります。ビジネスでの出張や友達との再会、兼六園や21世紀美術館観光など毎日多く人数が移動します。東京と金沢は直線距離で約300キロ離れています。東京から金沢までの移動には「カーシェア」「在来線」などもありますがこのページでは代表的な「高速バス」「飛行機」「新幹線」の3つの交通手段のメリット・デメリットについてまとめてみました。

東京から金沢

移動手段 乗車・搭乗時間 料金
高速バス・夜行バス 8時間〜 約2,000円〜
飛行機 1時間〜 約8,000円〜
新幹線 約2時間30分(かがやき利用) 14,180円(指定席)

高速バス・夜行バスでの移動

一番移動時間がかかるのが(当たり前ですが)高速バスです。東京から金沢を結ぶ高速バス・夜行バスは色々な会社が運行しています。便によっては8時間以上かかる便もあります。東京から金沢へ高速バスで行く一番のメリットは当たり前ですが価格でしょう。時期によっては2,000円以下のバス便もあります。若い方でどこでも寝ることができる人には高速バスがオススメです。

東京から金沢へ向かう高速バスはコチラをクリック

メリット

  • 4列シートだけでなく3列シートも選ぶことができる
  • 女性専用車があるので安心して乗車できる
  • 金沢駅に停留所があるので到着後動きやすい

デメリット

  • 移動時間がとてもとても長い

飛行機での移動

石川県には金沢空港はなく、金沢よりも福井よりに位置する小松空港が最寄りの空港になります。小松空港から金沢駅に行くにはリムジンバスで50分前後の時間がかかります。道路状況によっては、羽田から小松空港に飛行する時間と同じぐらいの時間が小松空港から金沢駅までかかります。

メリット

  • 搭乗時間が一番短い
  • JAL、ANAでも早割購入をすれば費用を抑えられる

デメリット

  • 飛行場に行くまでの時間がかかる
  • 手荷物検査など搭乗前に必要な時間がある
  • 飛行場が金沢駅から離れている

新幹線(かがやき)での移動

2015年3月に北陸新幹線が開業して東京から金沢へは乗り換えなしで約2時間30分で行けるようになりました。新幹線が開通前は金沢は少しアクセスが良くない場所だったのですが、北陸新幹線が開業してから、アクセスが良くなり金沢は非常に多くの観光客で賑わっています。北陸新幹線は「かがやき」「はくたか」「あさま」とありますが、「あさま」の終点は長野駅になるので、「かがやき」か「はくたか」のどちらかを選ぶようにしてください。また東海道新幹線と異なり、北陸新幹線は運行路線が少ないことと、運行日が決まっている列車もあります。

メリット

  • 出発時間のギリギリまで時間を有効につかえる
  • 途中下車できる駅がある(例えば途中駅の長野駅や福井駅で降車できる)

  • デメリット

    • 高速バスや飛行機に比べると事実上1社独占状態なので値段が下がる要素が少ない

※本記事の内容は時点のものです。

-二地点移動
-, ,

Copyright© オールライド! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.