飛行機や高速バスなどお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

二地点移動

大阪から広島まで最安値・最速で行く交通手段は?時間や料金などのメリット・デメリットを徹底比較

投稿日:  更新日:

大阪から広島

大阪から広島まで行く手段は?

大阪から広島までは直線距離で約283キロあります。大阪と言えば「お好み焼き」が有名ですが、広島も「お好み焼き」が有名です。大阪のお好み焼きを広島のお好み焼きと区別するために「広島風お好み焼き」と呼ぶと広島の人は怒ります。「広島風」が気に入らないようです。お好み焼きの発祥・元祖には色々な説がありますが、大阪や広島は『自分たちこそ元祖だ』と信じているので発祥論争は終わることはなさそうですね。私個人の意見としては「大阪のお好み焼き」も「広島のお好み焼き」も両方とも美味しいので、どっちが元祖でもかまいません。
大阪から広島までの移動には「カーシェア」や「自家用車」などもありますが、このページでは代表的な「高速バス」「新幹線」「JR在来線」の3つの交通手段のメリット・デメリットについてまとめてみました。(大阪→広島間には飛行機の運航はありません)

移動手段 乗車・搭乗時間 料金
高速バス・夜行バス 7〜9時間ぐらい 3,300円〜
新幹線 1時間20分前後(みずほ利用) 10,630円(指定席)
在来線(JR) 6時間〜 5,720円

高速バス・夜行バスでの移動

一番安く大阪から広島に移動したい場合は高速バス・夜行バスがオススメです。価格に対しては高速バス・夜行バスが一番メリットがあります。逆に高速バス・夜行バスのデメリットはとにかく時間がかかることです。夜行バスであれば寝ながら現地に着くことができるので精神的・肉体的な疲れは少ないのですが、寝られなかった場合は到着までの時間が永遠に続くと勘違いしそうです。また最近は3列シートや個室のようなよく眠ることができる高速バス・夜行バスも出てきていますが、そういった高速バスは飛行機や新幹線とあまり値段が変わらないことが多いので値段のメリットは薄くなります。大阪→広島間は走行距離が短いので、夜行バスだけでなく昼行バス(昼間に走っているバス)が多いのも特徴です。

今月の大阪から広島への高速バス・夜行バスの最安値はこちら

大阪→広島間を運行している高速バス会社

大阪市内でよく利用されているバス停留所

 

メリット

  • 一番安く移動できる
  • 競争原理が働いて価格の上昇が抑えられている
  • 朝早く現地に着くことができる
  • 女性専用車・女性安心シートなど女性にとってのメリットがある

デメリット

  • 移動時間が長い
  • シートによっては隣との距離が近い

新幹線での移動

大阪から広島へ一番速く着くのは山陽新幹線の「のぞみ」「みずほ」です。「のぞみ」「みずほ」は新大阪を出発後、「新神戸駅」と「岡山駅」にとまり、次の停車駅が広島駅になります。(列車によっては途中駅の「姫路駅」や「福山駅」でも止まる列車もあります)急ぐときは山陽新幹線がオススメです。新幹線を使うと新大阪駅から広島駅までは約1時間21分で着きます。東海道山陽新幹線を利用したことがある人なら一度は「のぞみ」「ひかり」「こだま」の名前は聞いたことがあると思います。では「みずほ」や「さくら」はどうでしょうか?鉄道ファンや鉄道に詳しい人ならばすぐに答えられると思いますが、それほど詳しくない人(特に関東圏在住者)には分からない人も多いと思います。

「のぞみ」・「みずほ」・「ひかり」・「さくら」・「こだま」の違い

最も速い列車タイプは「のぞみ」と「みずほ」です。「のぞみ」は東海道新幹線に直通して東京まで行くのに対して「みずほ」は九州新幹線に直通して鹿児島中央まで行きます。次に速い列車が「さくら」「ひかり」で、「さくら」は九州新幹線に直通して鹿児島中央まで行きます。「ひかり」は東海道新幹線に直通して東京まで行きます。「のぞみ」「みずほ」「さくら」「ひかり」とも、列車によって停車駅が異なるのに対して「こだま」は全ての駅に停まる各駅停車です。わかりやすく図にしたのが以下になります。

東京 新大阪 新大阪 博多 博多 鹿児島中央
東海道新幹線 山陽新幹線 九州新幹線
のぞみ・ひかり
みずほ・さくら
こだま

『のぞみ・みずほ・ひかり・さくら・こだま』のそれぞれの停車駅(新大阪から広島間)

駅名 みずほ さくら のぞみ ひかり こだま
新大阪
新神戸
西明石 | |
姫路
相生 | | |
岡山
新倉敷 | | |
福山
新尾道 | | |
三原 | | |
東広島 | | |
広島

○全列車が停車
△一部列車が停車
■ほとんど通過(ごく一部の列車が停車)
|全列車が通過

のぞみ・みずほ・ひかり・さくら・こだまの移動時間差(新大阪→広島間)

順位 新幹線 新大阪〜広島
第1位 のぞみ・みずほ 1時間20分前後
第3位 さくら 1時間30分前後
第4位 ひかり 1時間40分前後
第5位 こだま 2時間45分前後

新大阪→広島間は「みずほ」が一番速いですが、「さくら」も「みずほ」の乗車時間にプラス10分ぐらいで到着します。

のぞみ・みずほ・ひかり・さくら・こだまの料金差

新幹線に乗るには乗車券と特急券が必要です。
○新幹線の自由席チケット=乗車券+自由席特急券
○新幹線の指定席チケット=乗車券+指定席特急券

以下は「通常期」の料金表です。
「繁忙期」は200円増、「閑散期」は200円引の価格になります。

新大阪→広島 山陽新幹線料金

料金 のぞみ・みずほ ひかり・さくら こだま
運賃 5,720円 5,720円 5,720円
自由席 4,170円 4,170円 4,170円
自由席料金合計 9,890円 9,890円 9,890円
指定席 4,910円 4,700円 4,700円
指定席料金合計 10,630円 10,420円 10,420円

メリット

  • 出発時間のギリギリまで時間を有効につかえる
  • 到着時間の遅延などの可能性が低い
  • 乗降できる駅が複数あることが多い(例えば途中駅の岡山駅で降車できる)

  • デメリット

    • 高速バスや飛行機に比べると事実上1社独占状態なので値段が下がる要素が少ない

    在来線(JR)での移動

    大阪から広島は新幹線を利用しなくても(当たり前ですが)在来線でも移動できます。もちろん新幹線に比べるとかなりの時間はかかります。大阪から広島へ乗り換えなしの1本の電車で行けるのならば、時間はかかるが楽なので在来線ルートを選ぶ人もいるかもしれませんが、残念ながら何度も乗り換えが必要になります。大阪から広島へ在来線で行くには6時間以上の移動時間がかかります。以下のルートは数あるルートの1つになります。移動時間は6時間4分、乗車時間は5時間27分です。乗り換えの回数は4回です。料金は5,720円です。

    新大阪発 姫路着 姫路発 相生着 相生発 岡山着 岡山発 糸崎着 糸崎発 広島
    10:54 12:02 12:05 12:24 12:26 13:37 13:50 15:20 15:39 16:58
    京都線快速・姫路行 山陽本線・播州赤穂行 山陽本線・岡山行 山陽本線・三原行 山陽本線・岩国行

    メリット

    • 出発時間のギリギリまで時間を有効につかえる
    • 到着時間の遅延などの可能性が低い
    • 新幹線より安い値段で移動ができる

    • デメリット

      • 移動する時間帯によっては座れない可能性もある
      • 料金が思った以上に高い
      • 乗り換えの回数が多い

      大阪から中国地方の他の都市に向かう場合は

      大阪から松江(島根県)
      大阪から岡山

※本記事の内容は時点のものです。

-二地点移動
-, , , , ,

Copyright© オールライド! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.