飛行機や高速バスなどお得な乗り物情報をお届けする移動・旅行・観光のお役立ちメディア

オールライド!

二地点移動

金沢(石川県)から大阪まで最安値・最速で行く交通手段は?時間や料金などのメリット・デメリットを徹底比較

投稿日:  更新日:

金沢から大阪

金沢(石川県)から大阪まで行く手段は?

金沢から大阪までは直線距離で約234キロあります。北陸新幹線は1997年に東京-長野間が「長野新幹線」として部分開業しました。そして2015年には長野-金沢間が開業し東京から金沢の距離が一気に縮まりました。北陸新幹線の最終ゴールは東京から「長野」「富山」「金沢」「福井」「京都」などを通りながら新大阪までいくことです。万が一の話ですが、東海地方で地震がおき東海道新幹線が利用できなくなったとしても北陸新幹線で東京⇔大阪間を結んでおけば人や物資は運べるという意味合いもあり、工事を進めています(代替補完機能というそうです)。計画では2046年に新大阪まで北陸新幹線につながることになっています。北陸新幹線全線が開通すると金沢から大阪までは、なんと1時間20分で移動できる予定です。金沢から大阪までの移動には「カーシェア」や「自家用車」などもありますが、このページでは代表的な「高速バス」「JR在来線」の2つの交通手段のメリット・デメリットについてまとめてみました。

北陸新幹線の計画や今後の予定などについては、石川県のページが詳しいです。コチラをご覧ください。

移動手段 乗車・搭乗時間 料金
高速バス・夜行バス 6時間〜 2,000円〜
在来線(JR) 2時間36分〜 7,260円(自由席)

反対区間(大阪→金沢)はコチラをご覧ください

高速バス・夜行バスでの移動

一番安く金沢から大阪に移動したい場合は高速バス・夜行バスがオススメです。価格に対しては高速バス・夜行バスが一番メリットがあります。逆に高速バス・夜行バスのデメリットはとにかく時間がかかることです。夜行バスであれば寝ながら現地に着くことができるので精神的・肉体的な疲れは少ないのですが、寝られなかった場合は到着までの時間が永遠に続くと勘違いしそうです。また最近は3列シートや個室のようなよく眠ることができる高速バス・夜行バスも出てきていますが、そういった高速バスは飛行機や新幹線とあまり値段が変わらないことが多いので値段のメリットは薄くなります。

金沢→大阪間を運行している高速バス会社(含む運休中)

  • 西日本JRバス
  • ブルーライナー

メリット

  • 一番安く移動できる
  • 競争原理が働いて価格の上昇が抑えられている
  • 朝早く現地に着くことができる

デメリット

  • 移動時間が長い
  • シートによっては隣との距離が近い

在来線での移動

北陸新幹線が金沢と大阪を結んでいない現在は、金沢から大阪へ一番早く着くのは「東海道本線 特急サンダーバード」号を利用します。特急料金がかからない電車を中心に大阪に行くことも可能ですが、特急を利用したときとそれほど料金差がありませんので、一番速い特急サンダーバード号の利用をお勧めいたします。特急サンダーバード号は金沢を出発後→(小松)加賀温泉加賀温泉(芦原温泉)福井(鯖江)(武生)(敦賀)京都という駅に止まりながら新大阪駅に到着します。乗車時間はおおよそ2時間36分、料金は7,260円(自由席)、7,590円(指定席)です。時間帯によっては( )で囲った駅は通過します。

メリット

  • 出発時間のギリギリまで時間を有効につかえる
  • 到着時間の遅延などの可能性が低い
  • 乗降できる駅が複数あることが多い(例えば途中駅の敦賀駅や福井駅で降車できる)

  • デメリット

    • 高速バスに比べると値段が高い
    • 北陸新幹線の大阪⇔金沢開通までかなりの時間が必要

    反対区間(大阪→金沢)はコチラをご覧ください

※本記事の内容は時点のものです。

-二地点移動
-, , , ,

Copyright© オールライド! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.